相続放棄はとっても簡単です。

相続放棄はとっても簡単です。

相続財産が借金ばかりであるという場合、その借金を背負いたくない時には相続放棄という方法があります。もっと良く知りたい方はここ千代田区 相続のサイト。
被相続人(亡くなった方)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して、「申述」をすることによって、はじめから相続人でなかったこととして民法が取り扱ってくれます。参考にしたのはこのサイト東京 相続をご覧ください。

 

 

手続きは至って簡単で、その家庭裁判所に書類の書き方・添付書類を教えてもらって、郵送します。後日家庭裁判所から連絡がかかってきて、簡単な事情聴取(といっても、親子関係に間違いはないか?相続放棄の意志があることに間違いはないか?)という程度の確認で終わりです。税務についてはここ千代田区 相続税を参考にしてください。

 

 

専門家に頼むとするならば、弁護士さんなんでしょうが上記のようにやりとりは至って簡単なので、書面の作成だけならば司法書士さんも手続きをお願いしてもよいでしょう。ポイントは東京 相続税に書いてあります。
なお、行政書士さんは裁判所に対する提出書面は代行できないようです。要点を知りたいなら東京 経営相談←です。